[GOT7と韓国語5日目]母からJBへの誕生日ビデオレター

2017年1月6日、GOT7のファンミーティングが台湾の台北で開催されました。この日はちょうどJBの23歳(韓国では24歳)の誕生日であり、JBのご両親も参加されていました。
そのときサプライズで会場に流れた、JBのお母さんからのビデオメッセージの全文とその日本語訳を今回は紹介します。

中盤に出てくる”아찔하다”という単語がなかなか曲者です。直訳は「ふらふらする、くらっとする、気が遠くなる」などですが、なぜ気が遠くなるのかを考え、私は「尊く思う」と訳しました。みなさんもそれぞれの感覚で訳してみてくださいね。

本文は次の2つの動画を参考にさせていただきました。[1][2]  写真はこちらからお借りしています。
このページはケータイやスマートフォンでも見られますが、パソコンでご覧になることをおすすめします。


24년 전 오늘…
춤추기를 좋아하는
아이가 태어났어.

24年前の今日…
踊ることが大好きな
子が生まれた。

그 아이는 자라면서
노래만 들렸다하며
춤을 추고는 했답니다.

その子は成長しながら
音楽を聞いたり
ダンスをしたりしました。

그 곳이 어디던 상관없이
사람이 있던 없던
부끄러워하지
않고 말이죠.

ところかまわず、
人が居ようが居まいが、
恥ずかしがることは
ありませんでした。

그러던 아이가
중학생이 되어서
비보잉을 하고 싶다며…

そんな子が
中学生になって、
B-boyがしたいと…

춤을 추면 근심
걱정이 사라진다고
춤이 추고 싶다고
얘기하더라구요.

ダンスをすれば
心配事が消える、
ダンスがしたいんだ、
と言ったんですよ。

그래서 허락하면서
한마디했습니다.
춤을 추다가
노래도 하고 싶어.

それで承諾したら、
またひとこと言いました。
ダンスをしながら
歌も歌いたい、と。

가수가 꿈이 된다면
JYP에 오디션
한번만 보라고요.

歌手が夢なら
JYPのオーディションを
一度やってみなさい。

지금 생각해보면
춤추기를
허락하지 않았다면

いま考えてみると、
ダンスをすることを
許していなかったら

재범이가 노래하는 모습,
춤추는 모습,
팬들에게 사랑 받는 모습
볼 수가
없었겠지요?

ジェボムが歌をうたう姿、
ダンスをする姿、
ファンの方から愛される姿を
見ることは
できなかったんでしょう?

엄마가 아가새는
아찔하지 않을수가
없네요^^

母さんがアガセの皆さんを
尊く思わないはずが
ありません

항상 늘 감사하지만
아이들에게 힘을 주는
아가세들을
볼때면
가슴 저미도록
감사하답니다.

いつだって感謝していますが
この子たちにパワーをくれる
アガセの皆さんに
会ったときは特に
心が引き裂かれるくらい
感謝でいっぱいになります。

지금 함께하지 못하는
팬들에게도
이 감사의 마음이
전해졌으면 좋겠어요.

いまここに居ない
ファンの方々にも
この感謝の気持ちが
伝われば嬉しいです。

아가새 여러분은
우리 아이들의 여친이자,
동생이자, 누나이자,
부모이십니다!

アガセの皆さんは
この子たちの彼女であり、
妹であり、姉であり、
父と母です!

여러분의 사랑으로 응원으로
우리의 GOT7이 자라고있어요.

みなさんの愛と応援で
GOT7が成長しています。

우리 일곱 별들에게
한없는 사랑을 주는
아가새 여러분께
너무 너무
감사드려요.

私たちの七人の星に
果てしない愛を与えて下さる
アガセのみなさん
本当に本当に
ありがとうございます。

다음은 우리 일곱별들〜
항상 노력하는
너희의 모습을 보면서
내가 하루를 의미없이
허비하진 않았는지
반성하며 살아간단다.

そして七人の星たち〜
いつも努力している
あなた達の姿を見ては、
私が今日という日をを無駄に
してしまったのではないかと
反省しながら生きているよ。

항해할때
길잡이가 된다는
북두칠성 처럼
엄마뿐 아니라

航海するとき
道しるべになるという
北斗七星みたいに、
母さんだけでなく、

자라고 있는
어린 아가새들 한테도
길잡이가 될 수 있는
별들이 되었으면 좋겠어!

成長途中の
幼いアガセのための
道しるべになる
星になれたらいいね!

일곱별이어서 더욱
빛나는 북두칠성 처럼
항상 함께여서
더욱 빛이 나는구나!

7つ集まることでさらに
輝きが増す北斗七星のように
いつも一緒にいてこそ
もっと光り輝くんだよ!

자랑스럽고
사랑한다 애들아〜^^

誇らしく思い、
みんな、愛してるよ〜^^

그리고 나의 소중한
사랑하는 임재범 아들!

そして私のかけがえのない
愛する息子、イム・ジェボム!

생일 축하하고,
엄마의 아들로
태어나줘서
고마워요♡♡

誕生日おめでとう。
母さんの息子として
生まれてきてくれて
ありがとう♡♡

  訳の間違い等、お気づきの点はコメントください(><)

[日本語訳] JJ PROJECT JB & Jr. 雑誌Ceci 2012年12月号

2012年11月に発売された韓国雑誌Ceci(セシ)2012年12月号に掲載された、JJ PROJECTのJB(ジェボム)とJr.(ジュニア/ジュニオ)そしてWonder Girlsのヘリムの3人の記事の日本語訳です。
現在はGOT7のJB、ジニョンとしても活躍している二人の、若き時代の貴重なインタビュー記事です。


Ceci 2012年12月号 JJ PROJECT JB & Jr.

“窓の外を見て。窓の外を見て。
白く雪が降っている。”

楽しさいっぱいのクリスマスのために、
ワンダーガールズのヘリムとJJプロジェクトが
キャロルパーティーを開いた。

世の中で一番美しいコンサート。

しーっ、あなた家の前で
キャロルが響くかも知れませんよ。

Editor 최성민
Photographer 유영규

 

“まだクリスマスに関して
特別な思い出はありません。

今度のクリスマスにはできるでしょうか?

なめらかなレッドセーターに、
普段得意ではない蝶ネクタイも

一度挑戦してみないといけないですね。

クリスマスにはやっぱり
赤のポイントが素敵でしょう?

ところでまだ何をしようか決めてないけど、
ジェボムヒョンと宿舎でジンゴーゲームを
しているのではないでしょうか”

 

“メンバーたちと過ごす初めての
クリスマスなので
とっても楽しみです。

みんなで可愛く着飾って
パーティーをする計画なんです。

今から待ち遠しいです。”

ワンダーガールズのメンバーとではなく初めて一人で外出したヘリムは、ちょっとした行動にもほっぺたが赤くなってしまう、まさに少女。
ステージ上で自由に遊ぶ姿をそのままスタジオに移したような、可愛さあふれるJJプロジェクトは、なかなか紳士らしくクリスマスパーティーにヘリムをエスコートした。

“今回のクリスマスはメンバーたちとホームパーティーを開くんです。”

ふにゃふにゃのヘリムの愛嬌まじえた言葉に

“わぁー! 楽しそう。僕たちも仲間にいれて(笑)。”

と言い即座にバウンスを入れるJJプロジェクト。この子たちのおしゃべりはなぜか愉快で、妙に調和している。

今回のクリスマスパーティーはいかがでしたか?

ヘリム 非常に楽しかったです。初めのうちは他のメンバーがいない撮影なのでぎこちなかったんですが、すぐに楽になりました。わたし個人的にクリスマスが大好きなんですよ。今も毎日毎日待ち遠しくてうきうきしてるんですけど、今回の撮影のおかげで今から楽しめて良いですね。とくにホワイトクリスマスは本当にわくわくします。

JB・JR 泡の雪ではありますがホワイトクリスマスのなか楽しく撮影していたら、あっという間に終わってしまいました。名残惜しいです(笑)。 クリスマス当日も今日みたいに雪が降るでしょうか。

まだクリスマスの思い出は多くはないですよね? これまで何をして過ごしていましたか?

ヘリム 友達とプレゼント交換をしたり、お家でパーティーを開いて遊んだりしました。当日はいつも教会に行って礼拝をしていました。

JR 練習生生活をしていたのでダンサーのヒョン達とストリートダンスをしたり、街をあてもなくうろついて、うきうきした雰囲気を満喫していました!(笑)

JB 数人の仲良い友達とパーティーをする程度ですね。

今年のクリスマスの計画はありますか?

ヘリム 当日は普段と同じように教会へ行って礼拝をし、家族と一緒に過ごします。23日にはメンバーとホームパーティを開きます。(ジェボム”僕たちも入れてください~!”)メンバーたちに聞いてみます。ワンダーガールズのメンバー同士プレゼント交換をしたり、ボードゲームをしたりして楽しむ計画です。

JR ジェボムヒョン、僕たちもやろう。2人で!(笑)

クリスマスにもらいたいプレゼントはありますか? またもらいたい相手はどなたですか?

ヘリム 誰からでもいいんですが、ろうそくやハーブをもらいたいですね。すごくクリスマスっぽいじゃないですか。

どんな香りが好きですか?

ヘリム スイートな香りや、フレッシュな香り。最近はこういう種類が好きです。

JB 僕たちの家は15階なんですよ。窓を開けて無線のヘリコプターを飛ばしてみたいです。誰から貰いたいかは良く分かりません。クリスマスに窓の外でヘリコプターを飛ばせたら完ぺき楽しいでしょ?(笑)

JR 友達におもちゃのプレゼントをもらいたいです。レゴのような組み立てられるおもちゃ。姉たちの間で育ったので、僕の意思とは関係なく、お人形で小奇麗に遊んだんですよ。なのでブロックのおもちゃの思い出がないんです。私にとってロマンです、ふふ。

もっぱらホームパーティーを楽しんでいらっしゃったようですが、できることは限られていますよね。ワンダーガールズが、そしてJJプロジェクトがする遊びの文化を直接伝授するとしたら?

ヘリム 本当に特別なことはないんですが。笑 ボードゲームが最高ですね。モノプリや単語合わせゲームなど、色々なカードゲームです。家族と一緒にやってもよさそうです。

JB・JR 僕たちは~! ブルーマーブル(笑)!

魅力的なドレスコードを一つずつ紹介してください。

ヘリム レッドリップスティック! 今シーズンはレッドリップスティックがトレンドだと聞きました。クリスマスにはやっぱり赤のポイントが合うじゃないですか。そこに少し変わった恰好ができたら一石二鳥ですね。私がレッドリップスティックを塗って現れたら、メンバーたちはびっくりするでしょうね(笑)。 想像するだけで楽しいです。沢山のレッドカラーの中で私に一番良く似合うカラーを早く見つけないといけないのですが、今からわくわくします。

JR 赤のセーターにデニム、厚手のマフラー、マフラーも同じレッドカラーだと良いと思います。そしてクリスマスの雰囲気を出来るかぎり満喫することでしょう。これにやや大きめのウールのコートで、ベーシックでありながらカジュアルなルックスをおすすめします。室内でドレスアップするポイントが1つもないって? セーターの下にぎゅうっと隠しておいた蝶ネクタイをさっと取り出したら良いですよ(笑)。

JB 最近クラシックな服装にすかっりはまっているんですよ。クリスマスならチェック柄が最高でしょう。これにポケットスクエア1つで、これといったスタイルが無くても、かなりかっこいいルックスが完成されると思います。頭に描いてみて、もしあまりにも老けて見えそうだと心配になったなら、感覚的にシューズ合わせに気を使うべき~! 多少やり過ぎくらいの明るいカラーのオクスフォードシューズもクリスマスにはオッケー!

12月ですね。お互いに伝えたい言葉は?

ヘリム わたしは少し考えてから答えますね(笑)。

JB ワンダーガールズの噂を聞くたびに、いつも海外公演に行っていると今年は伝えられていました。様々な海外公演のため、健康が心配になります。来年は少し休みつつ、頑張っていただければなと。

JR 良い仕事も楽しい仕事も、そうでない仕事もあるでしょうが、リセットして楽しくいけたらいいですね。

ヘリム 今年デビューした新人グループなので、どれほど大変だったか十分わかっています。まだお見せできていない素敵な姿を、これからありのままお見せして、愛されるJJプロジェクトになりますように。

2013年に必ず達成したいという抱負があれば。

JR ワンダーガールズのコンサートにゲストとして参加したことがあるんですが、とっても羨ましかったんですよ。そのおかげで、もっと一生懸命やらねばというモチベーションが生まれました。来年はまた頑張って歌をうたい、愛され、必ず! 単独コンサートの夢を叶えたいです。JJプロジェクト、ファイティン! ファンの方々お願いします~! 力を貸してくれる、に500ウォン(笑)。

JB JJプロジェクトとしてデビューしたことは、僕の人生で一番大きな変化だと言えます。そのせいか精神的に適応期が必要で、これまで自分自身に対してあまりにも無頓着だったのではないかと思います。もちろん僕に与えられた身に余る機会に感謝し、努力に拍車をかけなければいけないんですが、小さいながら自分の心に適応期、つまり余裕を持たせてあげられたらと思います。

ヘリムさんの演技挑戦、気になりますが聞けていませんでした。またの機会に(笑)。

ヘリム もちろんです。こちら、演技の先輩(ジェボム)、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします(笑)!


その他のインタビュー記事日本語訳は[こちら]

  訳の間違い等、お気づきの点はコメントください(><)

[ルビなし歌詞]ペク・アヨン& JB “그냥 한번(Just because)”

このページはケータイやスマートフォンでも見られますが、パソコンでご覧になることをおすすめします。カナルビは敢えて加えていません。

그냥 한번 -Just because-

ペク・アヨン Feat. JB Of GOT7
作詞 : 김지향
作曲 : MELODESIGN
編曲 : MELODESIGN

올해도 끝나가고
벌써 크리스마스야 또
어딜 가든
니 친구가 내 친구

자연스레 니 소식도 듣고

今年も過ぎ去って
もうクリスマスね また
どこに行っても
君の友達が私の友達

自然に君のうわさも聞いて

작년 이맘 때 쯤엔 너와
이런저런 계획도 세우고
첫눈도 함께 맞고
새해 첫 종소리도
꼭 함께 듣기로 했었는데

去年の今頃には君と
いろんな計画も立てて
初雪も一緒に迎えて
新年の除夜の鐘も
必ず一緒に聞いてたけど

그냥 한번 전화해볼까
그냥 니가 궁금해졌어요

1回だけ電話してみようか
ただ君のことが気になったの

즘 어떻게 지내는지
안부나 묻고 싶어
다른 뜻 있는 건 아니고
자꾸 생각나서

この頃どうしているのか
安否が聞きたくて
他意はなくて
しきりに思い出して

쓸쓸해 쓸쓸해 내 맘이
궁금해 궁금해 니 맘도

寂しくて寂しくて 私の心が
気になって気になって 君の心も

너 또 헤어졌더라 그새
착하고 예뻤는데 그 애

君また別れたんだね いつの間に
良い子で可愛かったのに あの子

그렇게 돼 버렸어
너와 헤어진 후엔
누굴 만나는 게
좀 어려워

そうなってしまったんだ
君と別れたあとは
誰かと付き合うのが
ちょっと難しくて

그냥 한번 전화해볼까
그냥 니가 궁금해졌어

1回だけ電話してみようか
ただ君のことが気になったの

요즘 어떻게 지내는지
안부나 묻고 싶어
다른 뜻 있는 건 아니고
자꾸 생각나서

この頃どうしているのか
安否が聞きたくて
他意はなくて
しきりに思い出して

기분 탓은 아닌지
그때 생각이 떠올라
자꾸

気のせいじゃないのかな
あのとき考えが浮かんで
しきりに

그냥 한번 우리 만날까
내가 먼저 말을 꺼낼까

1回だけ私たち会ってみようか
私が先に言葉をかけようか

분위기에 나 이런 건지
널 보면 알 것 같아

雰囲気で私/僕がこうなったのか
君を見ればわかる気がする

다른 뜻 생긴 게 맞는지
나도 날 몰라서

他の意味が生まれたのか
自分でも分からなくて

이상해 이상해 내 맘이
궁금해 궁금해 니 맘도

不思議で不思議で 私の心が
気になって気になって 君の心も

 

この曲のライブ映像は[こちら]

  訳の間違い等、お気づきの点はコメントください(><)

[日本語訳]ペク・アヨン & GOT7 JB “Just Because”レコーディングインタビュー

ペク・アヨンとGOT7 JBのデュエット曲”그냥 한번(Just Because)”のリリースを前に、2016年11月29日レコーディングについての二人のインタビュー記事が公開されました。

元の記事は[こちら]


[ペク・アヨン × JB] ぶるぶるorほろ苦い
クリスマススキャンダル
“그냥 한번”レコーディング室インタビュー!

ペクアヨン&JB1

私たちのクリスマス!

JYPの同い年、ペク・アヨンとJBがクリスマスシーズンソング”그냥 한번(Just Because)”で出会いました!
(2人の声の悩殺(やくざ)ペア…私は賛成です…♡)

クリスマスと年末に感じられる、うきうきする男女の微妙な感情がペク・アヨン×JB の甘い声と調和し、多くの方々の感性を刺激するでしょう。

年末にふさわしい温かいメロディーと100%共感できる歌詞、”私、恋に落ちちゃった!”となりたい方々の感性を10000%刺激してくれる”그냥 한번(Just Because)”レコーディングスタジオインタビュー現場にGO GO~!

ペクアヨンJB2

笑顔満開で和気あいあいとした雰囲気の中で始まったインタビュー

一緒にデュエットすることになったきっかけが気になります!

JB アヨンさんが最初にデュエットパートナーを探していて、ちょうど僕も偶然その曲を聴いてみたら気にいってすごく歌いたくなり、アヨンさんに僕から一緒にやらないかとお願いしました。

ペク・アヨンさんとGOT7の関わりは初めてではないですよね? デュエットパートナーとしてのGOT7メンバーはいかがですか?

アヨン 実際私はこれまでGOT7のメンバーの方々とかなりの回数のデュエットステージをやってきました。

JB 誰がいましたっけ?

アヨン ジェクスンさんとは”이럴거면 그러지말지(こんなことならそうしない)” のスペシャルステージで少し呼吸を合わせた経験がありますし、マークさんベンベンさんとはJYP NATIONのコンサートで一緒にステージに立ったことがあります。
JBさんとは親しい友達として過ごしてきたので、こういったラブソングで呼吸を合わせるのはぎこちない部分もあったんですが、やはりリーダーだからか頼もしく、物静かに導いてくれて、作業をよりよく終えることができたと思います。

JBさんは”ドリーム・ハイ”OST以降、女性アーティストと久しぶりのデュエットですよね。感想はいかがですか?

JB この話が出てくるとは思いませんでした(笑)。実際女性アーティストだけでなく、GOT7メンバー以外のアーティストの方とデュエットすること自体が久しぶりなので、すごく緊張したし、しっかりやらなきゃというプレッシャーもあったように思います。一緒にプロジェクトをするので、迷惑をかけないようにしようという思いで、一生懸命準備しました。

同じ事務所の仲間ですが、一緒にレコーディングするのは初めてですよね。レコーディング中はいかがでしたか? お二人の呼吸は上手く合いましたか?

アヨン 実際はレコーディング室には別々に入ったんですよ。私が先に録音をして、JBさんが私に合わせていただくという形で進めることになったんです。JBさんについて驚いたことがありまして。最初に曲をもらったときとメロディーや色々な部分が変わってしまって私はすごく苦労したんですが、すぐにやりこなしてしまったんですよ。JBさんはいかかでしたか?

JB 元々ちゃんとやらなければという責任感はあったんですが、アヨンさんがきちんとこの席に座って鷹の目で僕を見つめていたんですよ(笑)。なので、”もっともっと一生懸命やらなければ”と思ったんです。

アヨン 全然! わたしはプレッシャーをかけようと思ったわけではないんです! デュエットパートナーとして最後まで一緒にやろうと思っただけなんです(笑)。

清らかな声のペク・アヨンと甘美な声のJB、お二人とも”声の悩殺(やくざ)”というニックネームを持っていますよね。お互いの声の長所は?

JB ”ペク・アヨン”といえば、きれいで明るい感じの声が長所だと思います。今回の仕事を通してしっかりアヨンさんの声を聞くことができましたが、明るいながらもそれだけではない聞き心地のよい声だと思いました。

アヨン これまでGOT7の曲で聞いていたJBさんの声は、芯が確実で、歌詞を伝達がはっきりしている、そんな声だと思っていましたが、意外に柔らかい声もたくさん持っていたんだと気付きました。本人は柔らかい声ではないと思っていますが(笑)。非常に魅力的なので、みなさんもお聞きになればきっと恋に落ちますよ。

ペク・アヨンさんがこれまで発売した “쏘쏘(so so)”や이럴거면 그러지말지(こんなことなら、そうしない)”が春の雰囲気だとしたら、今回はまさに冬という感じの年末シーズンソングで帰ってきました。今回はペク・アヨン上の共感ソングの延長でしょうか?

アヨン 延長だと思えば、そうもなりえますね。이럴거면 그러지말지(こんなことなら、そうしない)”の主人公が傷ついてずっと一人쏘쏘(so so)”と過ごしている途中、”그냥 한번(Just Because)”で彼の方が思い出す! 今回もやっぱり思い通りにならない愛の話を盛りいれてありますよ。

新曲”그냥 한번(Just Because)”の感想のポイントと特徴を教えてください。

アヨン 冬に良く合いキャロルを連想するようなメロディーが特徴です。歌詞もまた多く、皆さんの昔の恋愛を思い出させるのが感想ポイントではないかと思います。

“그냥 한번(Just Because)”の歌詞の中で一番気に入っている部分は?

アヨン リフレーンは多くの方々が愛してくださるので(笑)。私は2節のVerse部分が好きです。

너 또 헤어졌더라 그새. 착하고 예뻤는데 그 애
きみ、また別れたんだ、いつの間に。良い子だったし可愛かったのにね、あの子”

好きな気持ちを隠そうとする女の子の心をうまく表現していると思います。

JB 男のこころに突き刺さるそんな部分が好きなんですね(笑)。冗談はさておき、僕は最後のリフレーンの、

“분위기에 나 이런 건지, 널 보면 알 것 같아.
雰囲気で僕/私はこうなったのか、君を見ればわかる気がする”

この部分が好きです。確実に好き合っているというわけではない男女の間の慎重な感じと、曖昧な境界線を表現しているように思います。

もう12月です。クリスマスまたは年末に”그냥 한번(ただ一度)”してみたいことはありますか?

アヨン いくら考えてもこれ以外に浮かび上がらないです。ただ家にだけいるのでなければ良いなと思います。JBさんは?

JB うーん…前に僕がスカイダイビングをしたんですが、雪が降っているときにスカイダイビングをしてみたらまた楽しいんじゃないかと思います。

 

11月30日0時! みなさんに特別なクリスマスの贈り物をプレゼントしてくれるプロの胸きゅん師たち!

ペク・アヨン×JBの”그냥 한번”を100回, いや1000回聞きますよね?

今年の冬、 “그냥 한번”で暖かい年末送ってくださいね~!


以上です。二人の新曲楽しみですね♡

その他の日本語訳インタビュー記事は[こちら]

  訳の間違い等、お気づきの点はコメントください(><)

[日本語訳]CeCi 2016年1月号 GOT7 JB&ジニョン

2015年12月発売の韓国雑誌『CeCi』2016年1月号に掲載された、GOT7のJBとジニョンの記事の日本語訳です。

 

 

 


 

 

これが本当のドラマなら、ハッピーエンドでもそうでなくても、終りがあるから構わないけど、僕たちはエンディングがないドラマじゃないですか。好きなことをしながら幸せになるために、絶えず努力しなければならないと思います。

 

 

何をして過ごしていましたか? 〈니가 하면(If you do)〉のアルバム活動と海外活動を同時にしたため、非常に忙しかったでしょう。

JB ‘니가 하면(If you do)’の活動を終えたあと、海外のファンミーティングツアーをしました。空いた時間に頑張って曲を書いたり練習をしたり、忙しく過ごしました。

 

今年も休む暇なく走り続けましたが、今年の年末の授賞式後は休暇をもらえるんでしょうか?

Junior(ジニョン) そこは自由ですね。提案をすれば快く快諾してくれる会社なので、ちょっと欲ばってスケジュールを入れてもいいし、少し休みたければ休むこともできます。しかし今はGOT7が一生懸命走らなければならない時期だと思うので、もっと仕事がしたいです。休みたくありません。(笑)

 

今回’니가 하면(If you do)’は個人的にGOT7にとってターニングポイントになった曲のように思うのですが、どのようにお考えですか?

Junior(ジニョン) ターニングポイントというよりは、GOT7にはこんなスタイルもあるんだということをお見せする一つの挑戦でした。同じ種類のコンサートだけでずっと行くにはGOT7全員の色が違いすぎます。なので、きっと’니가 하면(If you do)’以外にも、これから多様なコンサートをたくさん挑戦できるグループになれるんじゃないかと思います。

 

デビュー以来初めて音楽放送で1位をとりました。これまでの努力が認められた気分ではないでしょうか?

JB ファンの方々が僕たちと一緒に努力してくれたことを、より大きく感じられるきっかけでした。認められるためにしている仕事ではないですが、これからももっと一生懸命走っていこうという原動力にはなりますね。批判を受けたときも賞賛を受けたときも、もっと頑張ろうと思えるんです。

 

JBさんはGOT7のリーダーでチームの中心になっていますが、この2年間を自分自身で点数をつけるなら?

JB うーん、上手くできたとは思えません。(笑) リーダーとして権威的でもないし、かと言って率先垂範なこともなかった気がします。(笑) 何か困ったことが起きたら、そのメンバー同士がお互いに話をして修復していく雰囲気だからです。

 

Junior(ジニョン)さんが隣で見た感じはいかかですか。

Junior(ジニョン) 実際リーダーという役職は華やかさよりも黙々といなければいけないため、自分が評価することではないですが、とても良くやってくれたと思います。

 

JJ PROJECT時代から一緒にいますが、お互いに一番力になってくれていると思うときはいつですか?

JB 真剣に悩みを相談しなければならないときでしょうか。単にテーマが個人的に悩んでいることというより、これからGOT7が進むべき方向や進路についてはよく話をします。とても力になってくれます。

Junior(ジニョン) あれこれ複雑に考えているときです。JJ PROJECTのときからそうでした。決めこんで悩み相談をするわけではないんですが、話をして自然に出てきます。そうすると少し整理されます。

JB 「俺たち今から悩みを相談しよう」と言うわけではなく、話をしてみると相談になるんです。

 

お互いに本当に似ていると感じる部分はどこですか?

Junior(ジニョン) まじめな性格?

JB はい、そうですね。(笑)

Junior(ジニョン) 昔僕は落ち着きがない方だったんですが、今は落ち着いているじゃないですか。集中しなければならないとき、集中力が途切れないようにヒョンが横で雰囲気を合わせてくれます。

 

そして気づけば両方とも本当に大人しい方になりましたね。私がこれまで見たアイドルの中でも一番に。(笑)

JB なので少し軽くするようにしました。二人とも。特にインタビューが重くなりそうになると、’軽く軽く!’とお互いに言い合います。(笑)

 

生真面目な性格が長所になることもあるでしょう。その他に最近一番悩んでいることは何ですか?

Junior(ジニョン) 今年の冬の寒さをどうやって乗り越えたらいいかという悩み?

JB 軽くとは言ったけどあまりに軽すぎるよ。(笑)

Junior(ジニョン) 僕は寒いのが本当に苦手なんです。軽すぎましたかね?

JB 僕の場合は’どうすれば本物になれるか’です。

Junior(ジニョン) 重すぎるんじゃないの?

JB グループとしてもメンバーごとにしても、それぞれの色があるじゃないですか。GOT7の色を、そしてその中でJBの色をどうしたら出せるか、GOT7が表現する色を皆さんにどうすれば映せるか、トレンドを追ってただカッコよくなろうとするよりは’真実の’GOT7になりたいと悩んでいます。

 

男同士でいると喧嘩もするでしょう? どうやって仲直りしますか?

JB 殴り合いの喧嘩とは感じが違います。対話で解決します。対話はほとんど論争レベルではありますが。(笑)

Junior(ジニョン) メンバーたちと100分討論会をよく開きます。

JB もし何かに対して喧嘩になったのなら、その議題をみんなで一緒に集まって話します。

Junior(ジニョン) もし僕とJBヒョンが喧嘩をすれば、ジェクスンが’俺はJBヒョンのいうことが正しいと思う’、また違うメンバーは’僕はジニョンヒョンが正しいと思う’というように、意見を調整するということです。是非を明らかにするというより、こういう点を補えれば良く、こういう点はお互いに理解しあえればいいだろう、というやり方で肯定的に結論を出します。(笑)

 

以前のインタビューを読んでみたんですが、お二人ともひとりで何かをするのがお好きなんですよね? いつも周りに人がたくさんいるところにいるからでしょうか?

JB 人がたくさんいて、その中でひとりで何かをするのが好きです。僕はもともと猫みたいな性格なので、僕に対して関心を持たれなくてもいいタイプだからです。休暇中一度山のふもとのようなところに一人で行ってみたんですが、人が居なくてもの静かなところだったので、なんだか退屈で居られなかったです。

Junior(ジニョン) 僕は反対ですね。ひとりで思索するのも好きですし、本を読んだり、映画もよく見ます。昨日は『シークレット・サンシャイン』という映画を観ました。

 

そうですよね。以前のインタビューで本と映画に対する話がたくさん出てきました。

Junior(ジニョン) アナログ的なものがだんだん好きになってきました。

JB 弘大前のカフェにひとりで行って、ノートに歌を書きとめたり本を読んだりできたら本当に良いですね。

 

カフェに行ったら皆さん探すのでは?

JB 僕たちはまだそこまでのレベルではないです。

Junior(ジニョン) 単に弘大が遠いから、そうなんでしょう。大丈夫です。(笑)

 

またまた、謙虚すぎるんじゃないですか? もうデビューして2年ほど経っていますが、GOT7は今どのレベルまで来ていると思いますか?

JB 地下鉄に乗っていると打てば、ちょうどバスカードをピッとしている感じです。

Junior(ジニョン) T-moneyカードでしょ。バスカードはバスに乗れて、地下鉄は地下鉄のカード。(笑)

JB MAMA公演でBIGBANGのテヤン先輩がビハインドカットでこんな話をしていました。夢見ていたステージを、10年が経った今になって少しずつしている感じだと。僕の夢も大きいんですよ。なのでやっと今になって一歩踏み出した感じです。ジニョンの言葉通り’T-moneyカード’をちょうどピッとした感じ。(笑)

 

 

活動をしていて一番満たされていると感じるときはいつですか?

Junior(ジニョン) ものすごく集中して何かに夢中になっているときですね。何をしていたのかすら思い出せないとき、カタルシスを感じます。

JB 僕は曲を書いているときですね。他のことではそれほどの集中力は出てこないようです。

 

そういった感情がお二人の原動力になっているのでしょうか?

Junior(ジニョン) もちろんです。好きなことに集中できないと思った瞬間、全てのことをオールストップしなければなりませんよね。

 

近づきたいと思うロールモデルはいますか?

Junior(ジニョン) 僕は父です。今父のことをよくよく考えてみましたが、父は僕が大変だと思っていることの何十倍も苦労していると思います。こういったことをどうやって家族に見せずに耐えるのだろうか、僕みたいな言うことを聞かない子どもをどうやって22年間見守ったのだろうか、知りたいです。

 

問題を起こすことなくまっすぐ大きくなったイメージでしたが?

Junior(ジニョン) 表面上はそうでした。(笑) 父のことがいつも素晴らしく感じるんです。僕も父のような人になりたいです。将来自分の息子たちに対してもスーパーマンみたいなお父さんになります。

JB 昔は誰かに近づきたいと思う気持ちが非常に多くあったんですが、いまは一人だけに決めるのは難しいです。会って影響を受けた方々もたくさんいますが、それぞれ別の良いところをもっているので。

 

もう一年が過ぎました。この2015年はどんな年でしたか?

JB GOT7としてステージに立てる機会がたくさんありました。個人的には、歌も作曲もたくさんできた成長の年でもありました。

 

では2016年はGOT7にとってどのような年にしたいですか?

Junior(ジニョン) もっと多様な挑戦ができたら嬉しいです。いつもチームで集まって、来年にはこんなことをしてみたら良さそうだ、個人的にはこんなことをできたら嬉しいなど会議をしているんですよ。計画したことを開始してぶつかってみる、挑戦の年になったらいいなと思います。例えばGOT7が直接アルバムを作ったり、それぞれ自分の力を伸ばして個人的な活動をすれば、チームがもっと発展することが出来るのではと。

JB 僕は軽くやることにしたので、楽に行こうと思います。温かい一年になったら嬉しいです。2016年、健康で良い一年に。ファイトがあふれる年にしたいです!(笑)

 

最後にお互いに一言ずつ言うなら?

Junior(ジニョン) 僕たち新年は本当に軽く行こう!(笑)

JB 同じですね。少し楽にやってみよう。軽すぎる必要はないけれど機転の利いた人になれたらいいね。

Junior(ジニョン) 特に誰かを指してるわけではないんですが、僕たちが憧れている格好良いアーティストを見たとき、どの人も楽天的な面がある感じがしたんですよね。

 

楽天的な人は面白く、奇抜な考えを持っていますよね。

JB 実際僕は楽天的な人間なんですが、インタビューの時にはなぜか真面目になり過ぎてしまうんですよね。

Junior(ジニョン) インタビューは一種の’記録’なので、そうなるんでしょうね。(笑)

 


 

 

その他の日本語訳インタビュー記事は[こちら]

  訳の間違い等、お気づきの点はコメントください(><)