[GOT7と韓国語3日目]GOT7用語一覧

こんにちは、GOT7に絡めた韓国語の表現の学習3日目です。
ファン歴の短い方向けです。

スマートフォンなどからも見られますが、パソコンで見るのをおすすめします。

今回はGOT7のメンバーがが良く使う韓国語や、ファンとして知っているべき用語を一覧にしました。

ハングルやアルファベットを含みますが、あいうえお順で書きます。

まだ少ないですが、随時更新し、増やしていけたらと思います。


IGOT7
(アイガッセブン/
アイガットセブン)

GOT7のファンの名称。略称アガセ。
または2012年4月22日~7月22日にSBSで放送されたGOT7初の単独バラエティ番組の名称。

아가세(アガセ)

GOT7のファン(IGOT7)の略称。

Ars(アルス)

ヨンジェの作詞/作曲活動におけるアーティスト名。
“Ars longa, Vita brevis(学芸は長し、生涯は短し)”というヒポクラテスの格言から取ったと本人が明かしている。
[この動画]の20:20前後。
また、2016年10月より、Sound Cloudという音声共有サービスにて、自身の楽曲をアップロードして公開している。
Sound Cloud ヨンジェのページは[こちら]

갓부심
(ガップシム/ガップシン)

갓세븐(GOT7) + 자부심(チャブシム=自負心)
(ファン自身が)GOT7のファン(で良かった)というプライド。
ジェクスンが主に使う。
例 : ファンのみなさんに갓부심を感じてもらえたら嬉しい。

갓인비(ガディンビ)

갓세븐(ガッセブン) + 인정(インジョン/認定) + 비즈얼(ビジュアル)
GOT7に認められたビジュアルという意味で、マークの代名詞。
ヨンジェの初期の代名詞닉인비(ニギンビ/2PMニックン認定ビジュアル)と対比されて使われる。

겸(ギョム)

ユギョムののニックネーム、省略名。
メンバー(特にベンベン)のSNSなどでしばしばユギョムをアリで示すことがあるが、겸(ギョム)と개미(ケミ:韓国語でアリの意)の発音が似ているからであると思われる。

純粋の結晶体

ユギョムのデビュー当時のキャッチフレーズ。
韓国語では순수 결정체(スンスギョルジョンチェ)という。

스밍(スミン)

스트리밍(ストリーミング)の略。
韓国の音楽番組1位を目指し、応援のためにgenieやYoutubeなどで新曲を流し続けること。

숨스밍(スムスミン)

息(숨/スム)をするように、スミン(스밍/ストリーミング)すること

세부심
(セブシム/セブシン)

아가세(アガセ) + 자부심(チャブシム=自負心)
自分たち(GOT7)にはアガセがいるというプライド。
ジェクスンが主に使う。

짱(ッチャン)

最高の意。
マークやジェクスンがよく使う。

Def soul/D’soul
(デフソウル/ディソウル)

JBの作詞/作曲活動におけるアーティスト名。
“def”には”最高の”という意味がある。
JBの好きなアーティストであるMusiq soulchildの、あるアルバムの最後に”def jam”という言葉が書かれており、そこから貰ったと本人が明かしている。[この動画]の19:50前後。
また、2017年1月1日より、Sound Cloudという音声共有サービスにて、自身の楽曲をアップロードして公開している。
Sound Cloud JBのページは[こちら]

퉤(トゥェ)

ヨンジェのニックネーム、省略名。
ヨンジェの苗字である최(チェ)に由来。普通下の名前を略すことが多いが、ヨンジェの場合、ヨンはジニョン(ジン+ヨン)、ジェはジェボムと被るため、苗字を略したのだと思われる。

남친돌(ナムチンドル)

남자(ナムジャ/男) + 친구(チング/友達) + 아이돌(アイドル)
彼氏のようなアイドル、彼氏にしたいアイドルという意味。
個人ではなくチーム全体を修飾するときに出てくることが多いが、一例として[この動画]の1:05あたり。

닉인비(ニギンビ)

닉쿤(ニックン) + 인정(インジョン/認定) + 비즈얼(ビジュアル)
2PMニックンに認められたビジュアルという意味で、ヨンジェの初期の代名詞。
初の単独バラエティ番組IGOT7の第一話で2PMのニックンに電話をかけ「7人の中で誰が一番かっこいいか」という質問をしたところ「ヨンジェ」と答えたことから。
このエピソードは[この動画]の4:40頃から。
マークの代名詞갓인비(ガディンビ/GOT7認定ビジュアル)と対比されて使われる。

녕(ニョン)

ジニョンのニックネーム、省略名。

냉미남(ネンミナム)

냉(ネン/冷) + 미남(ミナム/美男)
クールビューティ、クール美男子。
[この動画]の1:21あたりで、JBの形容詞として使われている。

Hard Carry(하다)
(ハードキャリー(する))

2016年9月に発売された、2枚目のフルアルバム“Flight log: Turbulence”のタイトル曲。元々は「ある1人のヒーローの活躍により、チームにいい結果をもたらす」というような意味の造語である。活躍する、誰かを助ける、(バラエティなどで体を張って)頑張るなど広義で使える。

비글미(ビグルミ)

비글(ビーグル) + 미(ミ/美)
ビーグル(犬)のような、やんちゃでいたずら好きな可愛さという意味。
[この動画]の1:11あたりで、JBの形容詞として使われている。
他に비글돌(ビーグル+アイドル=ビグルドル)や、비글화(ビグル化)などの派生語もある。

뽐(ポm)

JBのニックネーム、省略名。
[こちら]の動画の最初では、自身で「ポムリポーターです」と言っている。

맠(マk)

マークのニックネーム、省略名。

왕개박개(ワンゲパッケ)

왕잭슨(ワンジェクスン) + 개(犬) + 박진영(パクジニョン) + 개(犬)
ジェクスンとジニョンの1994年生まれコンビの名称。
[こちらの動画]の40:04がおそらく初登場。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。